楽天銀行カードローン審査

MENU

楽天ポイントが貯まる!楽天銀行カードローンの6つの特徴

 

大手通販サイト「楽天市場」で有名ですが、その他にも様々な分野でサービスを提供する楽天株式会社のグループ会社として運営しているのが楽天銀行です。

 

ここでは楽天銀行カードローン(スーパーローン)の特徴について解説していきます。

 

金利は年1.9%〜14.5%&最大限度額は800万円。

 

カードローンを利用する際に何よりも重要なのが金利と限度額です。

 

楽天銀行では最低1,9%、最高でも14%代と銀行カードローンの中でもかなりの低金利を実現しています。また最大限度額は800万円とカードローンの中でも高めに設定されています。

 

審査は当日から2営業日と即日融資は無理ですが、基本的な金利がカードローンの中でもかなり低いので急ぎの融資でなければお勧めです。

 

おまとめ・借り換えでの利用もOK! 目的に制限なし

 

他社のカードローンと同様に原則利用目的に制限はありません。

 

例えば友人との食事や飲み会で少しお金が足りない時にコンビニATMから1000円単位で利用することもできますし、教育ローンで対応しきれなかった部分を補うために100万円単位で利用することも可能です。他の利用方法としては、限度額が800万円と高額な点を生かしておまとめや借り換えでの利用もすすめられています。

 

基本的に個人が利用する目的であればどのような目的でも利用することが可能です。逆に利用できない用途としては事業性資金、つまり個人事業主の方が運転資金に使うや従業員の給料として利用するといった使い方はできません。

 

楽天銀行なら24時間いつでも利用可能

 

楽天銀行カードローンは楽天銀行の口座を持っていなくても利用できます。しかし楽天銀行の口座を所有しているのであればメンテナンスなど一部の時間を除き24時間365日いつでも振込融資を手数無料で利用できます

 

PCのみならずスマホやケータイからのアクセスでいつでも利用できるようになるので、楽天銀行カードローンを利用するならセットで楽天銀行の口座開設もお勧めします。

 

収入証明書のご提出が原則不要!

 

申込を行う際に必要な書類として本人確認書類は提出する必要がありますが、収入証明は300万円以上の借り入れでなければ原則必要ありません。

 

消費者金融や他社と比べて300万円は高めに設定されているので書類が用意が難しい時にも使いやすくなっています。

 

ただし審査で必要と判断された場合などは300万円以下でも提出を求められる可能性があるので、できるのであれば用意しておきましょう。

 

専業主婦・パート・アルバイトでも利用可能

 

安定した収入があり、20歳以上であればパートやアルバイト、学生でも利用することができます。また専業主婦の方であれば限度額などに上限はありますが利用することが可能です。

 

ですから急な出費やいざという時のためにカードローンを用意しておくことをお勧めします。

 

楽天ポイントが貯まる。

 

決められた条件はありますが、利用やキャンペーンで楽天が提供するポイントサービスである楽天ポイントが貯まります。

 

楽天IDが必要になりますが、制作は無料なので所有していない方はカードローンの申し込みと一緒に発行しましょう。

 

楽天銀行カードローンの金利はどうなっている?利息の計算方法も一緒に

楽天銀行カードローン(スーパーローン)の一つの売りが「金利の低さ」です。

 

さすがに業界最低、とまでは言えませんが金利の低さでいえば大手メガバンクのカードローンと並ぶ低さとなっています。

 

ここでは金利や利息の基本と楽天銀行カードローンの金利について解説していきます。

 

利息と金利計算方法について

 

まず金利と利息の基本について解説します。

 

そもそも金利とは&利息とは

 

そもそも金利というのは「お金のレンタル料」です。この金利は通常は年利、つまり「一年につき借りた分の〇〇%支払う」といった形で決められており審査の際に個人の信用度などをふまえて銀行側が金利を決めます。

 

この金利に従って実際に使用した日数分(返済期間)お金を支払う訳ですが、この支払うお金の事を「利息」と呼ぶのです。

 

因みに「実質年利」という言葉もありますが、これは「金利以外の手数料などを含めた年利」の事で、カードローンで「年利」と記載されている場合この実質年利を指します。

 

利息の計算方法

 

それでは次に具体的な利息の計算方法について解説していきます。

 

利息の計算は

 

「元金(借入額)×年利÷365日×返済期間(日数)」

 

で出します。

 

上にも書いたようにカードローンでは「年利」で契約を決めますが、返済は実際に借り入れをした日数分の利息を支払います。ですから元金に年利をかけて1年分の利息を導き出して365日で割り一日分の利息をだし、実際の返済期間で支払利息を導き出すことになります。

 

注意点としてこれで導き出せるのはあくまでも概算であるという事です。実際の支払額は返済期間を短くしたり繰上げ返済を行うことで減る可能性もありますし、滞納などで増える可能性もあるので注意しましょう。

 

楽天銀行の金利

 

楽天銀行カードローンの金利は1.9%〜14,5%となっています。

 

カードローンの金利は審査結果に基づいて決められるのが一般的ですが、楽天銀行では限

 

度額が増えれば増えるほど金利も低くなるスライド制を用いており、ホームページで公開されている所定の範囲で利息は決められます。

 

具体的には限度額が100万円未満であれば14,5%、100万円以上200万円以下であれば9,5%~14,5%、200万円以上300万円以下であれば6.9%〜14.5%、300万円以上350万円以下であれば4.9%から12.5%といった具合です。

 

最低金利の1,9%で利用する場合限度額800万円のカードローンの審査に合格する必要があるので現実的に利用は難しいのですが、100万円未満で14,5%と実際の利用が多い低限度額でも低い金利を実現しているので大変使いやすくなっています。

 

他社と比較したら高い?

 

楽天銀行の金利を他社銀行カードローンと比べてみると、業界最低と言う訳ではありませんがかなり低いことがわかります。

 

例えばCMなどでもおなじみの三菱東京UFJカードローンのバンクイックは1,8%から14,6%、三大メガバンクとしてUFJと比較される三井住友銀行カードローンは4,0%から14,5%です。

 

楽天銀行と同じくネット銀行のジャパンネット銀行ネットキャッシングは2,5%から18%となっています。

 

最高限度額などもかかわるので一概には言えませんが、このように銀行カードローンで比較してもかなり低い金利を実現していることがわかります。

 

楽天銀行カードローンの口コミ。どんな評価?

楽天銀行カードローンの口コミや体験談を見てみると、すべての面で不満がないというのはお世辞になってしまうが、基本的なサービスは非常に良いという評価が多いです、ここでは口コミや体験談での評価をまとめてみます。

 

借入スピードはちょっと難あり

 

楽天銀行カードローンは即日融資を提供していません。ですから審査結果の回答まで早くて半日から一日、借り入れまでに長い場合は三日以上の時間が必要なることがあります、

 

この点について多少不満を持っている方がいるので、なるべく余裕を持った申し込みを行いましょう。

 

専業主婦やアルバイトでも利用可能

 

楽天銀行カードローンではホームページに「専業主婦・学生・アルバイトでも利用可能」と宣伝されているように、アルバイトやパートでも借りられたという体験談や専業主婦でも借りることができたという口コミがいくつもあります。

 

借入額は全体的に少額になりやすいようですが、専業主婦は利用できないという銀行も珍しくないので「借りられた」というだけで高評価になります。

 

対応は非常に良い

 

楽天銀行カードローンの口コミとして対応の面では非常に良いという内容が多く見られます。

 

申込の際の電話対応も親切であり、むやみと詮索されることはない、また疑問点や相談したい点などは担当者の方が親切に答えてくれるといった具合です。

 

ですが繰上げ返済や繰上げ完済の際の対応が悪く、責任者をたらいまわしされたという意見も見られるのですべての面で対応がよいという訳ではないようです。

 

ただ返済については会員サイトからも手続きができるので、使い方によっては問題にならないでしょう。

 

また「限度額300万円以下だが収入証明を求められた」という声も見られるので、できるのであればあらかじめ優位しておくことをお勧めします。

 

返済のしやすさ

 

楽天銀行カードローンでは口座からの自動引き落としと追加返済を併用するリボ払い方式を用いています。

 

返済での面では不満が聞かれることはありません。また意外な部分として「ほかの銀行口座でも自動引き落としに対応してくれる」という所を評価する声もあります。

 

金利・限度額

 

楽天銀行カードローンの金利や限度額、実際の借入額についてはほとんど不満がありません。

 

他社と比べてもかなり低金利であり最高限度額も高いので借り換えからレジャー、教育ローンのつなぎ融資に日常生活での利用まで様々な目的で利用することができます

 

借入までの速さに若干の問題はありますが、急いでいない用途であればどのような目的でも使いやすいカードローンであると言えます。

 

楽天ポイントが貯まる

 

口コミの評価で意外と多いのは楽天ポイントが貯まるのがうれしいという部分です。

 

無利息期間と同じような初回利用者に対してのおまけですが、これだけ低金利カードローンでなおかつ入会だけで1000ポイント利用額によって最大3万ポイントの還元があるというのはほかにはありません。

 

ですから楽天銀行や楽天会員だったから楽天銀行カードローンを選んだという声も多いです。

 

楽天銀行カードローンの申し込みから審査までの流れ

ここでは楽天銀行カードローンの申し込みから審査までの流れについて解説していきます。

 

即日融資は難しいですが、利用条件はそこまで厳しくありませんし、ネット申し込みで簡単に申し込むことができるようになっています。

 

利用資格

 

申込の前に楽天銀行カードローンの最低限の利用資格の解説をしていきます。

 

年齢制限などはありますが、基本的にはそこまで厳しくはありません。

 

1年齢、居住地 満年齢20歳以上62歳以下の方で日本国内に居住している方であれば利用できます。

 

ただしパートやアルバイト、専業主婦の方は年齢の上限が60歳までとなっています。また外国籍の方は永住権に類する資格を所有している、つまり長期滞在者であれば利用できます。

 

2収入 毎月安定した定期収入があればパート・アルバイトの方でも申し込みができます。また収入がない無職の方でも専業主婦の方であれば限度額などに上限はありますが利用できます。

 

3保証会社 楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方が対象となっています。

 

カードローンへの申込方法

 

楽天銀行カードローンへの申し込み方法はネットからのみです。後述する必要書類を集めた後に、楽天銀行のホームページから申し込みフォームにアクセスして申し込みを行いましょう。

 

またその際専業主婦の方は専用ページがあるのでそちらから申し込みを行います。また楽天会員であるや楽天銀行の口座を持っているという場合は入力を省略できる専用フォームがあります。

 

申込の際に必要な書類

 

申込の際に必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明」の二つです。

 

本人確認書類は運転免許証や保険証、パスポートや住民票の写しなどいわゆる「身分証」というもので、楽天銀行が指定した物を提出します。

 

収入証明は収入を証明する書類全般で、限度額が300万円を超えない場合は原則用意する必要はありません。

 

サラリーマンなどどこかに務めている方であれば源泉徴収票や給与明細表などの写し、自

 

営業者の方であれば確定申告書か課税証明書の写しが必要になります。

 

ただし限度額300万円以下の方でも個人事業主や法人代表の方は収入証明が必要になりますし、限度額が300万円以下でも収入証明を求める場合があるのでできればあらかじめ用意しておくことをお勧めします。

 

審査終了の流れ

 

申込フォームからの申請を終えると楽天銀行から受け付けを完了したことを知らせるメールが届き、それと同時に審査が開始されます。

 

審査終了後に勤務先への在籍確認が行われ、審査と在籍確認に問題がなければ審査は合格となり、本人確認の電話の電話で契約内容の確認が行われます。その契約内容に同意したのであれば、楽天銀行側のアナウンスに従い必要書類の送付、送付が完了次第ローンカードの発行が行われ送られてくるので、口座振替依頼書を送り手続きはすべて完了となります。

 

審査基準や審査に内容については非公開なのでどのようなことをやっているかはわかりません。

 

また書類はスマートフォンアプリなどを使う事で簡単にできますし、最後の口座振替依頼書については楽天銀行の口座を利用するのであれば必要りません。

 

楽天銀行カードローンの在籍確認についての基本と注意点

楽天銀行の審査ではかならず在籍確認が行われます。この在籍確認は申し込みの際に記載した職場に電話をして本当に在籍しているか確認するものですが、その際には個人名で行われるのでカードローンに申し込みをした事実が職場にばれることはありません。

 

在籍確認とは

 

在籍確認とは職場に電話連絡を行い申請通りの場所に在籍をしているかどうかを確認するものです。と言ってもカードローンの申し込みをした事自体が個人情報であり原則外部に漏らすものではありませんし、個人のプライバシーの問題もあるので、社名などを出さないのが一般的です。

 

また電話口で在籍をしている事実を確認することができればよいので、本人がでなくても在籍確認が取れればそれで在籍確認の終了とするのが一般的です。ですから「在籍確認が行われたらしいが気づかなかった」という人も珍しくありません。

 

楽天銀行カードローンではかならず行われる

 

電話での在籍確認を行わない会社やホームページに記載しない会社もありますが楽天銀行カードローンでは原則的に在籍確認が行われることがホームページに記載されて居ます。

 

行う際は社名を言わず、非通知で担当者の個人名で電話を行うとされています。

 

ただし社名について問われた場合は、「楽天銀行の〇〇(担当者名)」と名乗ると決められていますし、非通知拒否設定が行われている場合、電話番号を通知した上で会社に電話を行います。その場合でも「カードローンの申し込み」といったことは相手に知られないようにするので安心して申し込みを行いましょう。在籍確認で確認するのは本当に在籍の事実のみで、それ以外の勤務態度や年収などを聞くようなこともありません。

 

また利用中に転職した場合でも、転職先に再度在籍確認を行います。専業主婦の場合は在籍確認を行う場所がないので、在籍確認は行われません。配偶者の勤務先に電話をするといったことはないので安心しましょう。

 

もし心配な場合や会社が銀行の営業時間外に空いているといった特殊な事情がある場合は、あらかじめ楽天銀行側に相談しておくことをお勧めします。

 

在籍確認を受ける際の注意点

 

在籍確認は心配されることが多いのですが実際の所は職場に個人名の電話がかかってくるだけなのでそこまで心配する必要はありません。

 

もし心配なら「私用で銀行から電話がかかってくるかもしれない」程度の事を会社の人間に伝えておきましょう。

 

むしろ多いトラブルは申し込みの際の記述を間違えてしまうという事です。会社名を省略

 

して書いてしまい銀行側が確認できない場合や電話番号を間違えてしまう場合など在籍確認を行うことができません。

 

特に多いのが派遣社員の方が勤務先と勤め先を間違えてしまうというパターンです。派遣社員の方は特定の職場に派遣されますが、勤め先は派遣元の派遣会社となっています。この二つを間違えて書いてしまった結果在籍確認が取れないパターンがたまにあるのです。

 

ですから申し込みの際にはしっかりとした勤務先を書くことが大事ですし、その他の申し込みフォームの記載も間違いがないように気を付けましょう。

 

 

楽天銀行カードローンで増額をする

楽天銀行のカードローンの限度額は増額させることもできます。自動的に限度額の増額が行われるわけではなく、再度申し込みを行い増額してもらう形になります。

 

ここでは楽天銀行カードローンで増額をする方法について解説していきます。

 

増額の方法について

 

楽天銀行で増額を行う場合はインターネットか電話による申し込みか電話による申し込みが必要になります。

 

インターネットで申し込む場合楽天銀行カードローン会員サイトのメンバーズデスクにアクセスし、専用の増額申請フォームより申し込みを行います。

 

電話の場合は楽天銀行カードセンターに電話をかけて依頼を行います。電話は平日の9時から21時まで受け付けています。電話番号はホームページで確認しましょう。

 

審査はやるのか

 

増額の申し込みを行った場合、通常の申し込みと同じように審査を行います。

 

ですから審査の結果によっては希望額分の増額ができない可能性もありますし、増額が断られる場合もあります。

 

また通常の申し込みと同じように、半年間の間に増額の申し込みを行うことはできません。金利なども新規申込と同じ基準が用いられるので、限度額が増えればそれだけ金利が下がります。

 

書類はなにがいる?

 

通常の審査とほとんど同じことをやりますが、すでに本書類を提出しているので基本的に追加書類は必要ありません。

 

ただし限度額300万円以下で利用している方が300万円を超える限度額を希望する場合は収入証明の提出を求められますし、以前と比べて収入が大きく変わった場合など審査の上で必要と判断された場合は追加で書類を求められる可能性があります。ですからできればあらかじめ用意しておきましょう。

 

在籍確認について

 

増額の審査は通常の融資とほとんど変わらないので、在籍確認も再度行うことになります。

 

在籍確認は増額以外にも転職などで職場が変わった場合も行われます。現在の職業や勤務している会社が変わった場合は忘れずに申請を行いましょう。

 

連絡方法は?

 

増額が決まった場合はあらかじめ伝えてある希望した連絡先に電話で連絡が入ります。

 

もし増額が無理と判断された場合はメール、もしくは自宅への郵送という形で連絡が入ります。ですからあらかじめ楽天銀行からの連絡を受け取れるように設定しておきましょう。

 

またもし減額や利用停止などで新規借り入れができないと判断された場合も電話での連絡となります。

 

減額はあるのか

 

楽天銀行カードローンでは限度額の減額もあります。

 

増額の際の再審査で問題ありと判断された場合や信用状況や返済状況から、問題があると判断された場合は利用者への連絡などは特にないまま限度額の減額、場合によっては新規貸し付けの停止が行われます。

 

ですから利用する前には一度会員サイトで限度額や借入残高の確認を行うことをお勧めしますし、楽天銀行カードローンやそれ以外のカードローンを含めた借金で滞納や未納を起こさないように無理のない返済計画とそれに従った返済を行うように心がけましょう。

 

 

あらかじめ知っておこう。楽天銀行カードローンの返済方法について

楽天銀行カードローンでは返済方式として残高スライドリボルビング返済を用いています。

 

また好きな返済日を選ぶこともできるので自分に一番適した返済日を選ぶようにしましょう。

 

返済方式について

 

楽天銀行カードローンでは基本的には返済方法として残高スライドリボルビング方式を用いています。

 

まずリボルビング方式とはいわゆるリボ払いの事でカードローンのみならずクレジットカードの返済方法としても有名です。

 

一般的な分割払いとの違いとして、分割払いは「元金+利息÷返済回数=毎月の返済額」という形で返済額を決めますがリボ払いは最初に最低返済額を決めて毎月それ以上の返済を行う形になります。一般的に最低返済額は借入額にたいしてかなり低額に設定されているので、余裕があるときは多めに返済して余裕がない時は最低返済と返済プランを立てやすいというメリットがあります。

 

この毎月の最低支払額を借入残高で決める方式を残高スライドと呼びます。

 

まとめると「毎月の残高で最低返済額が決まり、それ以上の額の返済を行う」のが残高スライド方式となります。

 

最低返済額は?

 

楽天銀行カードローンの最低返済額は返済日の15日前の残高によってきまります。

 

具体的には10万円以下であれば2000円、10万円以上30万円以下で5000円、30万から50万円で1万円、そこから概ね借入額が50万円増えるたびに5000円が追加される方式となっています。

 

800万円借りた場合でも最低返済額が1万円と比較的低めに抑えられているのが特徴となっています。

 

返済日について返済方法

 

まず返済日ですが「1日、12日、20日、27日」の4つから自由に選ぶことが可能です。自分にとって一番都合がよい日を選ぶのが基本ですが、おまとめや借り換えでの利用であれば、ほかの借金の返済日なども確認して申し込みましょう。

 

また楽天銀行だけが27日を選択できるなど口座によっては特定の返済日を選ぶことができないので注意が必要です。

 

最低返済の返済方法は登録した口座からの自動引き落としになります。返済日の15日前の

 

借入残高で最低返済額が決定するのですが、この際の扱いは楽天銀行とそのた口座で若干異なります。

 

楽天銀行の場合は確定日から返済当日までに行われた随意返済も最低返済に含めるので、随意返済で最低返済以上の返済を行えば引き落としはありませんし、足りない場合はその分引き落としが行われます。

 

その他の銀行では、随意返済の額にかかわらず自動引き落としが行われることになります。

 

随意返済をしよう

 

毎月の最低返済は非常に低めに抑えられているのでこれだけでは返済はまったく進みません。ですから、しっかりと追加返済(随意返済)を行い計画的に早めの完済を目指す事が大切です。

 

随意返済は提携ATMからのほか、返済口座に対しての振込、インターネットバンキングでの返済が可能です。

 

この中で一番お勧めなのは、1円単位でなおかつネットから返済が可能なインターネットバンキングです。

 

楽天銀行カードローン会員サービス「メンバーズデスク」から利用できるので、カードローンの利用をするのであればしっかりと確認しておきましょう。

 

 

記事作成で参考にしたサイト