カードローン契約の必要書類ってどんなものがある?

MENU

カードローンは消費者金融や銀行、信販会社などが提供していますが契約の際に必要な書類というのはどこも大体同じです。

 

ここではカードローンの申込の際に必要になる書類について解説していきます。

 

本人確認書類

 

まずどのような場合でも必要なのが本人確認書類です。

 

本人確認書類とはいわゆる身分証の事で、運転免許証やパスポートを指します。

 

できるのであれば顔写真付きである運転免許証やパスポートがお勧めなのですが、もしない場合は保険証や住民票なども対象になる会社があります。具体的にどのような書類を提出したら良いのかは金融機関によって異なるのでホームページで確認を行う他、わからない部分は担当者に確認を行いましょう。

 

何らかの事情、例えば引っ越したばっかりでまだ住民票を移せていないというなどの理由で提出する書類の住所が違う場合は追加で現在の住所を証明できる書類の提出を求められることがあります。この場合最新のガスや電気などの公的料金の領収書や社会保険料の領収書、納税証明書などを追加で出す必要があります。

 

また外国籍の方でも永住者などであれば利用できますが、その際には証明する書類として在留カードや特別永住許可証の提出を求められることがあります。

 

収入を証明する書類

 

本人確認書類はかならず必要ですが収入証明は必要ではない場合があります。

 

必要な場合として、消費者金融では「一社から50万円以上の借り入れ。複数社からの借入額が100万円を超える場合」に必要になります。これは総量規制によって決められているルールなので、消費者金融はすべて同じ基準です。

 

銀行の場合は会社によって異なり「300万円以上の場合」と比較的緩めの会社もあれば50万円から100万円と比較的厳しめに設定されている会社もあります。

 

また決められた金額以下の場合でも審査の関係で必要と判断された書類の提出を求められることがあるので、できるのであればあらかじめ用意しておくことをおすすめします。

 

提出を求められた場合、サラリーマン(給与所得者)の方であれば源泉徴収票や課税証明書などを提出し、自営業や法人代表の方は確定申告書類の写しなどを提出することになります。

 

配偶者貸付を利用する場合

 

消費者金融にて配偶者貸付を利用する場合これらの書類のほかに「配偶者の同意書」「一定額以上の場合は収入証明」の二枚が追加で必要になります。

 

配偶者の同意書はあくまでも配偶者貸付に対する同意書であり、妻の保証人になるという

 

物ではありません。また収入証明の提出は上記で書いた金額を超える場合に必要になります。

 

銀行口座が居る場合も

 

必要書類とは若干異なりますが、銀行カードローンの場合、利用条件として「自社口座の所有」を掲げている場合があります。

 

この場合でもカードローンの申込と同時に口座の開設手続きを行えばよいので利用の面ではほとんど問題ありません。ただし即日融資の条件として銀行口座の所有を掲げている銀行カードローンは珍しくないので最初に確認しておくことをおすすめします。