カードローン申し込みの方法から流れまで。

MENU

最近ではカードローンの申し込み方法としてネットからの申込が人気ですが、無人契約機からの申込もメリットがあるので根強い人気があります。

 

ここではカードローンの申し込み方法と申し込みの流れについて解説していきます。

 

申込方法

 

申込方法として主流なのはネットからの申込と無人契約機の二つです。

 

最近人気なのがネットからの申込です。公式ホームページに入力フォームから必要事項を入力して送信するだけなので、家はもちろんのスマートフォンからでも申し込みが可能です。

 

また書類の送付もスマホのカメラやスキャナーなどを利用して送ることができるサービスが多いですし、審査後の契約もネットでできるという事で申込から振込、返済まで一切来店不要で利用できるというメリットもあります。

 

ただし即日融資を希望する場合は振込の烏合などで時間制限があることが多いです。そこで店頭でローンカードの発行ができる無人契約機も根強い人気があると言う訳です。

 

その他の方法としては電話や郵送のほか店頭での受付に対応する会社もあります。

 

申込からの流れ

 

どのような申し込み方法をとっても基本的な流れは変わらないので、ここではネットからの申込を例に申込の流れを解説します。

 

まず公式ホームページの入力フォームに住所や年齢、収入などの必要事項を記載して同意書など必要書類の確認を行った上で送信します。

 

受け取った銀行側はその情報をもとに審査を行います。会社によっては審査開始前にメールなどで確認をとる場合もあります。

 

ここからの流れは会社によって若干異なるのですが審査の前後に必要書類の送付を行います。最近は専用アプリを使いスマホのカメラ機能で必要書類の送信を行う会社も珍しくありません。ほかにはFaxや郵送にて書類の送信を行います。また審査中や審査後に在籍確認が行われます。

 

これらの手続きを完了し審査に合格したら契約内容と契約意思の確認のために電話がかかってきます。審査結果によって希望額から減額される可能性もありますが、この段階であれば契約しないというのも自由です。

 

もちろん不合格の場合でも連絡はありますが電話はせずに審査結果のみメールという事が多いようです。

 

契約内容に同意した場合、即日融資が可能な会社であればネット上で契約を交わすなりしてもらった上で、後日契約書をローンカードとともに送付することが多いです。即日融資にしない会社の場合、ローンカードと一緒に契約書や必要書類を送付するので必要な書類を

 

折り返し返信して利用開始となります。

 

申込の際の噂話「申込ブラック」

 

この申し込みは基本的に入力フォームや申請書の指示に従い間違いがないように金融機関に渡せば問題ありません。もし疑問点やわからない点があったら金融機関に問い合わせましょう。

 

申込に関して根強く言われているのが「申込ブラック」の事です。

 

これは「複数社に対して短期間に申込を行う」と犯罪や資産状況に問題があると判断されてそれだけで落ちてしまうという話です。

 

ただし「複数社」と言っても3社から5社、10社とサイトによってばらばらですし「短期間」も3日から1週間、1か月に半年とばらばらで統一した見解というのはありません。

 

ですから申込ブラックについては「一日に何社も回る」や「常識的な範囲を超えている申込数」などは問題視される可能性がある、という程度の認識で問題ないと思われます。