上手に使おう。無利息キャッシングで利息なしも

MENU

消費者金融と銀行カードローンを比べると消費者金融は金利が高い傾向があります。

 

利用者にとって金利が高いカードローンよりも低いほうが嬉しいのは当然なので、金利のみでいえば消費者金融の方が不利です。そこで消費者金融は「無利息期間」を設ける事でそれに対抗しています。

 

ここでは無利息キャッシングや無利息期間について解説していきます。

 

無利息キャッシングとは

 

無利息キャッシングとは無利息期間があるキャッシングの事を言います。無利息期間はその名前の通り「特定の条件を満たすことで一定期間の間利息が付かない」というサービスです。

 

ですからこの期間の間に完済したら利息を支払う必要はありませんし、過ぎた場合でも一定額の利息の減額となります。

 

どんな会社が行っている?

 

無利息キャッシングを行っているのはどちらかというと消費者金融が多いです。最初に書いたように消費者金融は銀行カードローンよりも金利が高いことが多いので、銀行カードローンに対抗するためにこういった無利息キャッシングを提供しているのです。

 

一部の銀行でも無利息キャッシングを提供していますが、そういった会社は比較的金利が高かい他、マイナー銀行で大手都市銀行に対抗するために取り入れているということが多いようです。

 

無利息の期間&条件

 

無利息期間を利用する場合はいくつか条件があることが多いです。

 

一番多いのは「初回利用者限定」という物で期間としては30日間無利息という事が多いようです。

 

その他の条件としてはweb明細を義務付けるなどもありますが、基本的にそこまで厳しい条件を課すことはありません。ですがあらかじめ確認しておきましょう。

 

また一部ではポイントサービスの景品として無利息期間を提供している会社がありますし、「なんどでも無利息期間がある」というのを売りにしている会社もあるので、そういった点も会社を選択の際に確認しておきましょう。

 

また無利息ローンはカードローンやキャッシングがメインであり、不動産担保ローンやおまとめローンは対応しないという事が多いです。

 

メリット&デメリット

 

低金利のカードローンと比較して

 

銀行カードローンでは無利息キャッシングを提供していない会社が多いのですが、低金利という事が多く「無利息キャッシングとくらべてどちらがお得か」と比較されることが多いです。

 

具体的にどちらがお得かというのは借入額や返済期間によって異なるので一概に言えませんが、同額の借り入れした場合、半年や数か月程度の短期間で完済するのであれば無利息ローンの方がお得という事が多いようです。

 

逆に半年や一年という長期間の返済では無利息分の金利が逆転するので低金利のローンのほうがお得になることが多いです。

 

また短期間での返済となると、10万円から50万円程度の低額の借り入れの方が向いていることが多いです。

 

もちろん限度額の問題や返済の進行などの問題もあるのであくまでも「傾向」という話ですが、返済計画を立てる際には覚えておいても損はありません。