専業主婦って借り入れはできる?

MENU

総量規制が登場したことによって、専業主婦が消費者金融で借りるのは難しくなりました。正確には配偶者貸付制度という物があるのですが、諸々の判断から大手消費者金融ではほとんど取り扱いっていないのが現状です。

 

一方で銀行カードローンは対応している企業もいくつかあるのですが、融資額に上限があるなど一定の制限が加えられるのが一般的です。

 

ここではそんな専業主婦がお金を借りる方法や対応する企業について解説します。

 

消費者金融の場合

 

消費者金融では年収によって貸付額の制限がなされる総量規制が行われているので、基本的に収入が0円の専業主婦はお金を借りることができません。

 

ただそれだと困る場合もある、という事で「家計を共にする夫婦の収入を合算して計算する」という特例が決められています。これを配偶者貸付と呼び、この制度を用いれば融資を受けられる可能性があります。

 

ただし利用する場合は追加で書類が必要になります。

 

具体的には配偶者貸付を用いる場合は夫の同意書と借入額によっては収入証明を提出する必要があります。この際に提出する同意書は連帯保証人になるといったものではなく、あくまでも配偶者貸付に対しての同意書です。

 

これらの書類が用意できるのであれば配偶者貸付を利用することもできるのですが、配偶者貸付を使っても本人の収入が0円で返済能力が低いことには変わりがないので大手消費者金融では初めから配偶者貸付を取り扱っていません。

 

ですから配偶者貸付を利用するので利用するのであれば中小消費者金融を利用することになります。

 

銀行カードローンの場合

 

総量規制は消費者金融などの貸金業に対しての法律なので銀行カードローンは関係ありません。ですから法律的には貸付も問題はないのですが、専業主婦の方は収入がなく返済能力も基本的にはないので「収入がない方は利用できない」という事で断っている企業も多いです。

 

もちろん銀行の中には「配偶者に安定した収入があること」という条件付きで貸付を行う企業もありますし、専業主婦への融資を一つの宣伝にする企業も存在します。ただしそういった企業でも限度額に上限が設けられていることが多いです。

 

一例として楽天銀行カードローンでは、専業主婦申し込み専用フォームを作るなどカードローンの中でも専業主婦への融資に力を入れていますが、限度額は上限50万円と制限されています。

 

銀行カードローンでの審査はどうなる

 

専業主婦の方でも審査は通常通り行われます。

 

ただし専業主婦の方への在籍確認は会社によって対応が異なることが多いです。楽天銀行では在籍確認は行わないとしていますし、企業によっては自宅や携帯電話への連絡で在籍確認とする企業もあります。

 

どちらのパターンにしても夫の職場に在籍確認が行われるという事はありませんし、配偶者貸付のように同意書や収入証明を用意しろと言われるような事はないので、家族に気づかれたくないという方は銀行カードローンをお勧めします。